アウトドア派の、おうちでプルーム。猿渡大輔さん GORDON MILLER ディレクター アウトドア派の、おうちでプルーム。猿渡大輔さん GORDON MILLER ディレクター

愛車は日産テラノの95年モデル。3ヶ月に1回ほど2000kmオーバーのロングドライブを楽しんでいる。「運転が好きだけど、車中泊も大好き。旅先の景色がいい場所にクルマを泊めて、車内で、プルーム・テック・プラス・ウィズを使用する時間が楽しみなんです」。

外遊び好きが注目する低温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・テック・プラス・ウィズ」。空気が汚れないので室内でも手軽に使えるとあって、セカンドハウス感覚で車中泊ライフを楽しむアクティブ派にも大好評の様子。

Photo/Fumihiko Ikemoto Report & Text/Masatsugu Kuwabara


車中泊スタイルとも相性バツグン!!

お気に入りの愛車で車中泊ライフを楽しむ猿渡さん。車内で快適に過ごせる機能美ギアを常備しているが、そのなかでも最近のお気に入りが、プルーム・テック・プラス・ウィズ。「リモートワークもするから、気分転換できるアイテムは必須。これは自宅でも重宝しているけど、スペースが限られた車中泊とも相性バツグンです」。1週間以上のロングトリップをすることもあるが、もちろん長旅でもプルーム・テック・プラス・ウィズを携帯。旅先の雰囲気やシーンに合わせて気分を変えられるし、ライターも必要ないから安全に扱えるのも便利。お気に入りのギアの一つになっています」。

プルーム・テック・プラス・ウィズは、片手に収まるコンパクトサイズも魅力のひとつ。「PCでリモートワークをするときも邪魔にならない大きさで、ながら使用向きなのがいいですね。携帯性もバツグンなので、車中泊の旅先ではポケットやポーチに入れて持ち歩くことが多いです」。

クルマ&インドアで活躍!!
ユーティリティな愛用品たち。

車中泊とともにサーフィンの撮影も趣味で楽しんでいる、猿渡さんの車内常備アイテムをチェック。なるべくタフでコンパクトなプロダクトを厳選しているそう。

GORDON MILLERの
ワイヤーバスケット

エアマット、春夏用シュラフ、ブランケット、クルマのシートカバー、車内用カーテンをゴードンミラーのワイヤーバスケットに収納。「これだけあれば快適に寝られる車中泊セットです」。

DaFinのスイムフィン

サーフィンの撮影で重宝しているのが、足にセットするダフィンのフィン。「これがあると海の中でも素早く移動できるし、立ち泳ぎもラクなので必須ですね。普通に泳ぐときに使ったりもしています」。

NikonのニコノスV,D3000

フィルムカメラのニコノスV(左)は完全防水仕様、デジカメのD3000(右)はアンティスの防水ケースを装着。「どちらもサーフィンの撮影を主にコンディションによって使い分けます」。

PELICANの
20QTエリートクーラー

縦長シルエットが特徴的な19Lモデル。「テーブル代わりにもなるし、容量の割に幅を取らない形状なので車内で使いやすいんです。密封性も高いので、生鮮食品を保存してもにおいません」。

GORDON MILLERの
エックスパック
フォールディングコット

丈夫なエックスパック生地を使ったコットは車内外で活躍。「旅先で横になりたいときに欠かせないけど、水濡れが気にならない生地なので、ガレージで洗車するときにも重宝しています」。

猿渡大輔さん

GORDON MILLER ディレクター

洗練されたガレージライフを提案するゴードンミラーのディレクター。クルマを外遊び仕様にカスタムできるタフネスな機能美アイテムを展開。この夏はクルマで北海道一周旅行を計画中。

別の記事を読む

勝山龍一さん

フリーランスPR