好きを語るーむ

おうちで楽しむ7つのキーワード

kv画像 kv画像

今 宿 麻 美

Asami Imajuku

2013年にスタイリストのMASAH氏と結婚後、子育て、家事、仕事に奔走し、忙しい毎日を送っている今宿さん。家族とのスタイリッシュで楽しそうな生活がSNSから伝わってくる、今宿さんのおうち時間に、7つのキーワードでさらに迫ります。

  • 1. 家族と仕事
    20代、30代は、ほぼ仕事に没頭する生活でした。30代後半で結婚し、子供に恵まれてからは、限られた時間の中で、自分のできる範囲で仕事をするようになりました。仕事は大好きなので、これからも幅広い分野に挑戦したいし、いろいろなプランを考え中。おうちで簡単なアイデアやデザインをスケッチすることもあります。でも今は焦らずに、家族との時間や自分の時間を大切にしながら、上手にバランスをとっていきたいです。
  • 2. 雑誌で情報収集
    おうちでの自由な時間は、ファッション誌やお料理の本、旅行雑誌やファッションブランドのカタログなどをじっくり見ます。気分転換というよりは、情報収集の意味合いが強いかもしれません。家事や子育てで時間がない中で、プルームを片手に雑誌を眺めると、情報収集と気分転換がいっぺんにできて満足感が高いんです。漫画や本も好きなのですが、最近はなかなか読む時間がとれなくて……。好きなのは、甘酸っぱい青春恋愛漫画や、有名人の伝記や自伝。自分とは違う人生に興味があります。
  • 3. 皿洗いで発散
    家事は「やらなければいけないこと」で、決して「好きなこと」ではないです(笑)。料理も得意ではないのですが、無心で料理をすると、ストレス解消になります。爆音で音楽を流しながらひたすら野菜の千切りに没頭したり、コロッケを揚げまくったり。あと、皿洗いは意外と好きかもしれません。食洗機は使わずすべて手洗い派。シンクを埋め尽くしていた大量の食器がどんどん減っていくのが気持ちいい。すべての食器を洗い終えたら、達成感を感じながらプルームで一息…。
  • 4. 自分色のキッチン
    おうちではキッチンにいる時間が一番長いので、デザインが素敵な食器や道具、性能の良い調理器具などを買って、気分を上げています。好きな食器のブランドは、フランスのアスティエ・ド・ヴィラット。割れたらショックで立ち直れないお値段です(笑)。出番が多い調理器具は、ストウブのお鍋。サイズが多彩で、見た目も素敵。料理が苦手でも、素材の味を引き出してくれるので重宝しています。また、平日は炊飯器頼みですが、ゆったりできる休日には土鍋でごはんを炊いて、お米のおいしさを噛みしめています。
  • 5. おうちファッション
    おうちではリラックスできて、そのまま外出もできる、オンとオフを兼ね備えたお洋服を着ることが多いです。おうちでは、子供とのリンクコーデも楽しんでいます。休日は、夫が子供たちが着るものをコーディネートして、洗濯もしてくれるので、助かっています。おうち時間も長いので、自分の好きなコーデや明るい色を身につけたりして気分を上げることも大切!日々の暮らしをどう楽しむかを考えてます。
  • 6. 子供とおうち遊び
    ここ1年は外遊びが減ったので、おうちで子供たちと楽しく過ごせるように工夫しています。ステイホーム中は、ホットプレートを買って、子供と一緒にパンケーキやたこ焼きを作ったり、プール遊びができるように、ベランダを少し改造しました。3歳と6歳の男の子なので、とにかくずーっと動いているんです。長男は、YouTubeでアーティストの動画を見て、ダンスを完コピしたり。リビングにはなるべく物を置かないようにしていますが、もっと思いっきり動き回れる環境を作ってあげたくて、屋上も改造しようかと計画中です。
  • 7. モーニングルーティーン
    朝は起きたらまず白湯を一杯。その後にハーブティーを飲んで、サプリを摂ります。40代になって、女性ホルモンのバランスが気になってきたので、サプリを摂るようにしたら、すっきり起きられるようになりました。腸の調子も良くなったように感じます。お風呂上がりにはエッセンシャルオイルでマッサージをして、シートパックで毎晩保湿。疲れがちょっと溜まったときは、おうちでできる鍼セットや美顔器も使っています。ちょっとした隙間のひとり時間で、自分をいたわるようにしています。

今宿さんにとってのおうち時間のポイントとは、オンオフの上手な切り替えにあり。そんなときにはプルームも一役買っているようです。頑張りすぎず、気分を上手に切り替えながら、やるべきことをこなす秘訣は、自分をいたわる時間や何もしない時間を作ること。そして、無心になって没頭できる自分時間を作ること。そんなおうち時間が、今宿さんの忙しい日々を支えているようです。

別の記事を読む